#ChannelPlayer · Unity · VRソフト

バーチャルコミックブック

前回の続き。やっと時間が取れて、任意の静止画ファイルを起動時に読み取り、ページに張り付け、かつページをめくれるようになった。つくりとしては本一冊分の各ページの表と裏それぞれにTextureにして読み込ませる必要があるので、例えば2~300ページある場合、どうなるかテストが必要だろうとは思う。

Todo:
・現在静止画ファイル名が決め打ちになっているので、フォルダを設定できるようにする。
・本のサイズを静止画ファイルのアスペクト比に合わせる。
・表紙や裏表紙を設定できるようにする。ただし指定が無い場合は、一枚目を表紙にする。
・右めくりか左めくりか、コミックごとに指定できるようにする。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中