Unity · VRソフト

リアルなコミック本を作る。バーチャルで。

Channel Playerでは、コミックブック形式(zipかcbzファイル)の静止画を表示する機能を付けたが、そもそもVR空間でやってみたいことは、コミック本を入手したら、戸棚に並べて見たりとか、ひとつひとつ手に取って読んでみるとかだろうと思う。

そこで、Unity Asset Storeで探して見ると、ゲームの中で使えるリアルな3D形状の本を作るアセットが有ったので入手してみた。MegaBookと言う名前のものである。これのサンプルシーンをUnityでQuest2向けにbuildして実行したときのキャプチャが以下である。

全くコードを書いていないので、ページをめくったりも何もできないが、Questを被れば、確かに目の前の机の上に本がある。どういう本に見えるかは、Unityアセット Magabookのページに動画があるので、ご覧頂くと良いと思う。これに対して、実行環境でコミックブックの全ページを読み込ませたり、表紙を差し替えたりすれば、コミックブックビューアーになるはずである。

現在、アセット作成元に表紙や帯を具体化する予定があるか伺っているけど、まだ返事は付いていない。無いなら自分で書くことになると思うが、いずれにせよ、現実世界のコミック本に近いものをVR空間に持ち込むことが目標である。従って、カバーや帯がついていて、外して見たり、カバーに隠された別の表紙を見たり出来たり、しおりを挟んだりできるようにしたいが、そこまで行かなくても、手で持ってページをめくれるようにしたいと思う。

ちなみに、Oculus Quest 2ではなく、Oculus Goにもapkをインストールしてみたら動いたので、Androidのレベルが低いままで動くのならば両方で動くものを目指したいと思う。だけど手でつかんだりが出来そうになければ断念するかもしれない。

広告

リアルなコミック本を作る。バーチャルで。” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中