#ChannelPlayer · Quest2 · Unity · VRソフト

zipファイルを開く(続き2)

WebDAVファイルサーバー上に、zipファイルではなく、拡張子を変えたcbz(コミックブック形式でzipで固めたものの意味)を置いてみて、Channel Playerの試作版をQuest2で動かしてアクセスしてみると、サンプルでは動いているのに、なぜかうまく開けない。

さんざん悩んで結論は、拡張子がcbzだとWebサーバーはファイルの存在は教えてくれても、ファイルへのアクセスをさせてくれないというものであった。拡張子をzipにすると問題無くアクセスできる。

WebDAV対応の際は、zipファイルのみコミックブックとして参照可能とするしかないかなと思う。WebDAVの設定に、cbzの設定を入れれば良いのだろうけれども、WebDAVの設定は難しいので、それをユーザーに強いるぐらいなら、拡張子zipのみとした方が潔い感じ。

ちなみにコンテンツ選択画面で、zipファイルを選ぶと、そのzipファイルを開いて、表紙(zipファイル内の最初の静止画ファイル)を表示させるのは、遅延するだろうから調整必要とも考えていたけど、意外と速い。本を開いてページ一枚一枚取り出すやり方で特に問題無さそう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中