#ChannelPlayer · FOVE · Rift · Unity · VRソフト

Channel Player静止画対応

Youtube対応は、正常に再生できないフォーマット(EACのこと)があるので保留として、静止画対応を進めている。
もともとスクリーンいっぱいにサムネイル表示する機能があるため、jpgやpngは表示可能であるが、動画プレイヤーであるため、動画ファイルが存在しないフォルダは再生対象として除外していたので、それを改め含めるように直した。

現在、フォルダに動画ファイルがひとつもない場合、再生開始すると、ファイル名の拡張子を見て、AVProVideoを動作させずに、1枚だけ表示可能となった。AVProVideoのコントローラスクリプトを直して、静止画用に次のファイル表示などを追加する必要がある。

それがまともに出来るようになれば、その次は、cpzあるいはzipファイルがあれば、それをフォルダ相当と捉えて、処理するようにすれば、一応出来るようになるのではと考えている。まだzipファイルをオンザフライで開く方法を理解していないけれども、assetフォルダ直下に、zipのdllを置けば、WebDav同様にPCでもAndroidでも使えるだろうと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中