#ChannelPlayer · Unity · VRソフト

Windows MR対応

Channel Playerは、SteamVR対応するために、UnityのOpenVRを用いている。昨年頃は、HMDのRecenterのために、InputTracking.Recenter()を使うと、うまく動作しないどころか、表示がおかしくなってしまうので呼ばないようにしていた。しかし今月のリリースに先立ち確認したところ、Oculus Riftの場合は特に問題無いし、FOVE 0の場合も問題は無いようになっていたので現在は使用している。しかしながら、SteamVRのミドルを入れたWindows MRの場合には、相変わらずダメで、うまく動かない。

実際、Channel Playerを試してみると、SciFiシアタールームでのカメラの位置がおかしくなっていて、宇宙船の外に飛び出ており、サムネイル表示画面が見れない。ここではカメラの移動は不要と考えたので、カメラは動かないようにしているが、移動機能を復活させないとダメな感じではある。そしてデバイス名を見て、MRだったら、InputTracking.Recenter()を呼ばないようにしなければならない様子。

また、カメラを移動させた場合、移動先の座標を保存しておいて、次回起動後に使うようにする必要があるだろう。ちょっと実装してみて、うまく行けるか試してみようと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中