#ChannelPlayer · VRソフト

Channel Playerの機能修正や機能追加中

既に追加したものとしては、再生を途中で終了したときに次回、レジューム再生する機能。ただしそれをキャンセルする機能は付けていない。

それ以外では、シークが遅いので(AVPro Assetでは、もともと速くないが)、15秒や1/20ジャンプの際、一度ポーズをかけた方が、ほんの少しだけシークが速いので、そのように直した。

また、現在時刻がいつでも見れた方が良いのでタイトル選択画面では脇に、再生中はタイトル名表示しているときに表示するようにした。

また、検索画面では、キーワード表示に、すべてのタイトルのフォルダ名から出現したものをそのまま並べていたが、ソートして並べるように変更した。

またカテゴリ別フォルダーにてタイトルを管理しているケースに対応した。従来の版では動画タイトルがフォルダごとに保存されていることを想定し、それらのトップフォルダを指定すれば、すべてのタイトルをフラットに見せる管理方式だったが、この機能はそのままに、トップフォルダの直下にカテゴリと見なせるフォルダ(注1)がある場合には、そのフォルダ名をカテゴリとして、そのカテゴリフォルダ以下のタイトルを横に並べて、タイトル選択画面の検索のラインの次の行に並べることで選択できるようにした。

注1.カテゴリと見なすフォルダは、トップフォルダの直下にあるサブフォルダであり、サブフォルダの下に、タイトルごとのフォルダが存在する必要がある。サブフォルダの名前がそのままカテゴリ名となる。

現在は、ABリピートとプレイリスト再生を実装中。単なるABリピートだけなら、実装はそう難しくないが、ひとつのタイトルで指定した複数の区間を任意に選択したプレイリストを元にタイトルを再生できるような機能を想定していて、それには再生位置管理テーブルが必要で少し面倒。また、お気に入りもそうだが、プレイリストもテキストファイルでエクスポート・インポートできるようになると良いだろうとも考えている。

Twitch対応のご要望を頂いているが、再生できるようにするには、解決させなければいけない判らないことが多くて、現在保留中。大変申し訳ないけれども、しばらくお待ちください。

また、OpenCompsiteにて、RiftへはSteamVR経由ではなく直接制御するようにすると速く動けるので、これについては、ドキュメントに記載したいと考えている。

OpenCompositeでOculusRift/Rift Sの性能を向上させる
VRまにあっくす! https://vr-maniacs.com/entry/opencomposite-improve-performance/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中