Unity · VRソフト

VR180対応続き 3

#VRCHBP で再生可能なVR動画を増やすために、VR360 Up/Down(Over Under), Side by Side対応と、VR180 none, Up/Down, Side by Side の対応を進めてきたが、ひとつのマテリアルで、パラメーターだけ変更してということは、うまくできなかったのは先日記載した通り。結局のところ、都合6個のマテリアルを用意して、XBox ControlerのViewボタンをクリックしたら、マテリアルを切り替えるよう変更した。


void Update () {

if (Input.GetButtonDown(“XB1View”)) {
video_mode++;
if (video_mode > 5) {
video_mode = 0;
}

this.GetComponent().sharedMaterial=_material[video_mode];
RenderSettings.skybox = _material[video_mode];
video_mode_change = true;
}
}

概ね動作している様子だが、YouTubeの動画では正しいフォーマットで無いものも多く分かりにくいので、ローカルファイル再生機能を用意しようと検討中。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中