Unity · VRソフト

VR180対応試作中

#VRCHBP が使用しているUnity Video Playerの映像出力方法を変更して、Skybox/Panoramicを使うことにして、VR360ではなくVR180の動画が再生出来るようと試作中。

Textureのサイズは本来は動画の解像度に合わせるべきなのだが、Youtubeの場合、環境や動画によってまちまちなので、そうならばRiftやFOVEのLCD解像度に近くても良いだろうと、2160×1080にしてみると、YoutubeのVR360では、空間内で細く縦に隙間が一か所空いてしまう。とりあえず1280×720にすると隙間なくなったが、1920×1080を後で試してみようと思う。

またVR180を再生すると、どうもおかしいので、左右の目をそれぞれつむって確認したところ、左右のレンズに表示されるものが全く異なることが判明した。スマートフォン向けにはSide by Side形式のものがほとんどだと考え、それがデコードできるよう試作したのだが、両眼用の映像になっていないものが多いことになる。案外きちんと作ってあるものは少ないのだなと再認識。スマートフォンで表示している場合、3D感が低い場合が多く、そんなものだという認識で居たが、どうやら実は映像の方もサボっていることになる。それではVRを楽しめないわけで、RiftなどのHMDで見ている人は非常に少ないのだなと思う。

それからVR180は上下が球型に歪んでいるのでコンテンツに依るのだろうが、Skyboxではダメなのかもと思う。なかなか奥が深い。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中