VRソフト

ZFBrowser VR内表示

評価用のUnityプロジェクトを作成し、ZFBrowserのVR内表示デモをbuildして、ブラウザがどのような見え方になるか確認してみました。以下がデスクトップ側アプリ画面のハードコピーです。少しはイメージ掴めると思います。browserDemo

周りは平面空間+SKY BOXな感じで、地平線と空が広がった空間です。でも目の前にブラウザの白い壁がでーんと存在し、Oculus Touchコントローラーによるポインタ表示は出来ています。

でも、これを使うことは無いと感じた次第。街中で大きなパネル(50インチ以上)を使ったディスプレイ広告などが存在することがあると思います。あれの表示に細かな文字などが出ることは無くて、絵か映像が表示され、大きな文字が表示されているようなポスターのようなものがほとんどのはずです。つまり細かなテキスト表示には適さないものです。

VR空間でも同じことが言えて、細かなテキスト文字を表示したり、大量のテキスト入力などはありえない空間です。ポインターで壁に向かって指したりするのも、体操をやっているような気分になります。健康には良さそうですが。というわけで、デスクトップ側のアプリで動画を選んで、HMD被ってという #VRCHBP のUIもイケていないとは感じていますが、VR空間の中で細かな字を見るのも疲れるので、何かを選択させるなら、それとは異なるUIにしたいと考えています。もし使うならば、手元の近くにブラウザを小さく表示させることになるでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中